えむおの意識高い系ブログ

20代前半めっちゃ上司に嫌われた人😓悩んだけど年間200冊読んで、『意識他界系』から『意識高い系』へアプデしました😁その中で得た『学び』や『知識』を明日のあなたの仕事に役立つように "サクッと" 記事にまとめてます。

MENU

【なんで?】『挑戦しない』って、実は怖いこと。【考え方】

f:id:emuo-upd:20200418082800j:plain

記事を読んで欲しい人

「失敗すること」を恐れてはいけない。

「挑戦しないこと」を恐れろ。        マイケル・ジョーダン

このような名言を聞いて

  • 何で挑戦しなことを恐れないといけないの?
  • 挑戦することのリスクの方が大きいんじゃないの?

『挑戦しない』って実は怖いことなんです

「何で?どういうこと?」って思うかも知れません。

そこで「挑戦しないこと」を別の言い方をすると

 

『自分の中の可能性を見つけようとしないということ』

 

さらにもっとわかりやすく言うと

”もう新しい自分はいません”

”もう自分に伸び代はありません”

”今が自分の人生のピークです”

と、言ってることになります。

 

こう考えると怖くないですか?

 

そして挑戦しない人生は、今後良くても現状維持となってしまいます。

しかも現状維持って、

挑戦している人にどんどん抜かれるから、相対的には下がってしまっているんです。

こっちの方が人生を長期的にみると、リスクのように感じませんか? 

 関連記事の紹介

行動するための3つの意識』についても

記事を書いています。ぜひ読んでみて下さい。

emuo-upd.hatenablog.jp

挑戦することは "試食と同じ"

「挑戦する」って聞くと、少し重苦しく感じませんか?

だからぼくは、

『挑戦することは "試食すること"』

と、考えるようにしています。

 

例えば、ミカンが目の前にあるとします。

そのミカンが "酸っぱい" のか "甘い" のか、自分の "好みの味" なのか "そうじゃない"のか、なんて食べてみないとわからないですよね?

もしかしたら、そのミカンがものすごく美味しくて、今後一生そのミカンを食べていたいとなるかもしれない。

これを確認するために食べてみますよね?

 

だったら、この『試食』と『挑戦する』って同じことだと思いませんか?

『自分の人生の中で、好みなものを探してみる』

このくらいの気持ちの方がいいと思うんです。

いろいろ挑戦していたら、退屈な人生にはならない

ぼくは、いろんなことに挑戦した方がいいと思います。

 それは「いろいろ挑戦していたら退屈な人生にはならない」と思っているからです。

 

確かに挑戦するって楽なことばかりじゃないです。

けど仮に挑戦が失敗したとしても、それって話のネタになるんですよね。

つまり挑戦の幅が広いほど、話のネタも幅広いし、人生の幅も広がっているんです。

こんな人生が退屈なわけないじゃないですか。

だって人生の物語がどんどん書き込まれて、充実していくわけですから。

 

こういう風に考えると挑戦する人生もアリだと思いませんか?

 

この記事を最後まで読んでくれたあなたは、

  • できるだけ現状維持で悪くない人生を目指す
  • 辛いことも面白いこともあったけど、充実した人生を目指す

どちらの人生を選びますか?

f:id:emuo-upd:20210121232041j:plain